40代独女のひとりごと

今は、ギリギリの生活だけどいつかはきっと!株の運用で不労所得生活と移住を目指す!

あの子(霊)との想い出


霊的なものって、思い違いって事も多いと思うけど、以前借りてたオフィスの部屋には


「いました。」と、キッパリと断言できます(笑)(^_^;)


以前オフィスで借りてたマンションの一室は、一階と地下がある200㎡のメゾネットタイプの物件でした。


上下階がそれぞれが20帖の広さがあって、仕切りもなくワンフロアで広がってました。


私が初めてオフィスとして借りた物件で、その当時もその日暮らしだったので不安いっぱいでした。


地下へは一軒家と同じような立派な階段で繋がってました。


そこのオフィスの地下で写真を撮ると必ず霊魂(オーブ)が写真に写りこんでました。


窓は一つだけあって開けると高い塀で覆われていたので、地下は自然光が全く入らないような空間でした。オーブは、自然光やレンズのホコリなどでもそれらしく見えたりして勘違いしやすいですが、購入したばかりのカメラでこの空間の中、いつ撮影してもオーブが写るんです。(^▽^;)


オフィスがオープンする前は連日一人で泊まりこんで準備をしてましたが、一人で不安になってると、私の身体をフワッと温かい空気が包み込みました。


なんかすごく安心できて怖いとか嫌な気分ではなかったです。


それから数日後、写真を撮ってるとカメラの液晶画面にオーブが2~3個写って、私の身体が以前と同じようにフワッと温かくなってきて、シャッターを切る度にオーブの数が増えていき、カメラの液晶画面がオーブが集まり過ぎて真っ白になる頃には、身体がポカポカでした(笑)(^_^;)


それから不思議な出来事がいっぱい起こりました。


切れてバラバラになったネックレスのチェーンを無造作にごみ袋に捨てた翌日、全部綺麗にまとまって捨てたはずのチェーンが、ごみ袋の外のフローリングの上に置かれてました。


知人が来た際に着けてたネックレスが首からスルリと外れたのだけど、外れたネックレスの留め具は外れてなく、ネックレスは装着時と同じで輪になった状態だったり…。


地下に置いてある置物の場所が翌日変わってたり…。


地下に置いてあった機械類が勝手に作動したり…。


そんな事が連日当たり前のように起きましたが、私は、いたずらっ子な霊がいるんだなぁ~と好感すら持ちました(笑)


霊感がある知人が何人か来た際に、地下の同じ部分を指さして、あそこが強く感じると言ってました。でも、私の事を気に入ってるようで、時々いたずらするけど悪霊ではないと。


でも、それってさぁ~


つまり…


何かがいるという事は、ハッキリとわかりました。( ̄▽ ̄;)


その頃は2度目の結婚相手と一緒に生活をしてました。時々彼がオフィスに訪ねてくるのですが、帰る時に彼の靴の中にガラスの破片などがいつも入ってて、


「いつか俺は殺される~(TOT)!!」と言ってました(笑)


やきもちやきの霊のようでした。(^_^;)


2年が過ぎオフィスを移転することになり引越しの作業を終えて、引越し前日の夜


「今まで私を守ってくれて有難う!」と地下で挨拶をして地下から階段を上がってる時に地下に置いてある機械が作動し始めました。


・・・あはは( ̄▽ ̄;)


バイバイって事なのかな


引越し当日、オフィスに到着して地下に向かって階段を降りると、階段の一番下に置物のおもちゃのミニカーがポツンと置いてありました。



・・・なんか別れるのが寂しいなぁ~


ごめんね   バイバイ



不思議な事がいっぱいあったけど、私が自営業を始めたばっかりで不安いっぱいの中で、このオフィスにいた何かは、温かく見守ってくれました。


時々するいたずらは、ご愛嬌という事で。


実はこの部屋は、昔、某有名人の愛人が借りてた部屋だそうです。その相手の有名人の方が大怪我した事がニュースになりましたが、この部屋を訪ねてきた時に大怪我されたので、きっと嫉妬されたのかもしれない…なんて私は、考えてしまいました。


ずっとあの部屋にいるのかなぁ~あの子(笑)(^▽^;)