40代独女のひとりごと

今は、ギリギリの生活だけどいつかはきっと!株の運用で不労所得生活と移住を目指す!

月10万円生活


以前、群ようこの「れんげ荘」という小説を読んだ。


主人公はキョウコという45歳の未婚女性。元々は有名な広告代理店で働いていたキャリアウーマン。毎日多忙に働いて欲にまみれた日々が嫌になり、その身分を捨てて、都内の古いアパート「れんげ荘(家賃3万円)」に貯金を切り崩して早期退職をし、月10万円による生活をスタートさせる。れんげ荘という小説は、そんな彼女のゆったりとした日常を描いた小説で、2009年4月に出版された。


昭和レトロな風呂無しトイレ共同の六畳一間のアパートに住む。
そこでの住民の人間模様もほんわかした感じで親近感が持てた。


最低限の無駄を省いた暮らしっていいなぁ~と、その時思った。


月10万円で都心で生活するのは、厳しいかもしれない。
家賃さえ少なく抑えることが出来れば可能だと思う。


あくまでも一人暮らしが基本の話なのだが、近年ミニマリストなんて言葉が流行った。


毎月10万円で暮らす。


私には、とても理想的な暮らしがそこにあるような気がする。


いろいろ検索してたら、「月10万円生活.com/」こんなサイトがありました。


すごい!Σ(・ω・ノ)ノ! じっくり読んでみようっと♪