40代独女のひとりごと

今は、ギリギリの生活だけどいつかはきっと!株の運用で不労所得生活と移住を目指す!

綱渡りの日々


月末は支払いの事を考えると頭が痛くなる。


毎月の収入から固定費の支払いを差し引いて支払いが出来るかどうかギリギリの生活である。


それでも昨年から比べると毎月の支払い額が20万減ったので、少しは精神的に救われている。


毎月決まった日に決まった金額のお給料がもらえるわけでもなく、仕事の売り上げが50万~100万と毎月乱高下して動き月初めに月末までの売り上げの見通しが出来るわけでもないので、月末の支払いを無事に終えるまで気が休まらない。


仕事が連日続く日もあれば仕事が入らない日が1週間続く時もある。


この仕事は、33歳くらいから始めてきて今に至るので、まぁ~なんとかなるだろうと思えたりもするのだが、やはり不安である。


自営業を始めてからは、貯えが出来ると事業に投資してきた。
全力で突っ走ってきて今に至るが、貯金を心がけるという事は考えた事もなかった。


手元に少しでもお金があれば、すべて事業資金として常に投資してきた。


何かの目的がないと貯金って出来ないと思う。定期的にコツコツ貯金を心がけるような性格でもないし、老後の為に貯金しようと思えたのは母親の介護がきっかけだったと思う。


今後の自分自身を見つめ直す良いきっかけを与えられた。


話はさておき、今月の支払いが無事に出来るだろうか…。


今週中で売り上げが少し伸びないとキツイ。


今月もギリギリだなぁ~



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。