40代独女のひとりごと

今は、ギリギリの生活だけどいつかはきっと!株の運用で不労所得生活と移住を目指す!

象嵌のテーブルが欲しい



※ 写真は、イメージです。入札したテーブルではありません。(^^;)



久しぶりにオークションで入札してしまった。(++)


一目惚れした象嵌細工が美しいサイドテーブル。


今はまだ買わないけれど、移住先に欲しいダイニングテーブルも象嵌が美しいイタリー製のテーブルを買おうと思っている。



ぞうがん【象眼・象嵌】


金属・陶磁器・牙(きば)・木材などに、模様などを刻み込んで、そこに金・銀その他の材料をはめ込むこと。また、そのはめ込んだもの。


印刷で、鉛版などの修正したい部分を切り取り、そのあとに修正したものをはめ込むこと。



イタリー製で彫刻が素晴らしくて、その光沢と象嵌の模様などを見てるだけでうっとりしてしまう♪(*´ω`*)


こんな素敵なテーブルで、お茶したら最高だろうなぁ~なんて夢を膨らませている。