40代独女のひとりごと

今は、ギリギリの生活だけどいつかはきっと!株の運用で不労所得生活と移住を目指す!

天災で気付いたこと


今年は特に異常気象や天災が多く、色々と考えさせられました。


私一人だけではなく、守らなければならないペットの存在もあり、今後の住環境について目標が出来ました。



● 安全な構造の建物である事!


今の住まいは、壁一面が窓なので、外気の温度変化の影響を受けやすい。


騒音も避けられません。


縦長の建物なので地震・台風での強風での揺れが大きい。


オートロックではないので玄関前まで誰でも来れる。


● 通りに面してる低層階は避ける


人の声・店舗の音・車の音など気になる。


● 裏山があったり土砂崩れの危険性がある場所や大きな川があって氾濫の恐れがある場所は、避ける。



● 近くにホームセンター・スーパー・薬局があると便利♪


近所にたまたまホームセンターがあるのですが、こんなに頻繁に利用する事になるとは思いませんでした(笑) 生活が楽しく充実したものになります。


天災のような突然の被害に見舞われた時などにも近所にあれば助かります。




近年、異常気象が多くなってきてます。突然の天災に備えての自宅での備えや準備も大切だと思いますが、天災が避けられない環境下では、どうにもさからえません。


毎日職場へ決まった時間に通勤しなくてもいい恵まれた環境ではありますが、都心は天災が起きた時に人が多いだけに交通機関がすぐにパニックになり、みんなが行きたい場所には人で溢れます。


人が多いという事が、パニックを招き思わぬ二次災害へと繋がります。


ニュースなどで報道されて、こういう時はこうしましょう!という事は誰でも重々承知の上だとは思いますが、そんな時に避けられない状況下に置かれるという事が一番怖いですね。。。


そう考えると一番は、自宅が安全な場所にあって安全な構造で住環境であるか?


これがとっても大切な事だと感じます。


多少予算オーバーになっても移住先は、そうしようと思いました。(;´∀`)